本文へスキップ

公益財団法人 日本鳥類保護連盟は野鳥をはじめとする野生生物の保護と普及啓発を目的とする団体です。

― Today Birds, Tomorrow Man ―

リトアニア国際協力事業報告2016 




リトアニア共和国コアジサシ調査

国際事業の一環で、リトアニア共和国においてコアジサシの協同調査を行いました。

日時:2016年7月20日~7月30日(滞在期間7月20日~7月29日) 
調査参加者:藤井 幹 公益財団法人 日本鳥類保護連盟 調査研究室長 
      室伏 龍 公益財団法人 日本鳥類保護連盟 研究員 
      Petras Kurlavičius リトアニア教育大学教授
            


 2015年の調査地であるユルバルカスで調査を行いました。これまでジ
 オロケーターを装着してきたコアジサシを最低でも4羽は目視できま
 したが、繁殖期終盤でジオロケーター装着個体はいずれも営巣中では
 ありませんでした。そのため、巣に設置するボウネットが使えず、カ
 スミ網での捕獲を試みましたが、ジオロケーター装着個体を捕獲する
 には至りませんでした。



ユルバルカスで確認したジオロケーター装着個体


捕獲の夢はかないませんでしたが、支援者からの寄付金等で購入したGPSロガー3個とジオロケーター4個を新規に装着し、放鳥しました。これでリトアニアのネマン川での装着数は、ジオロケーター個体21羽、GPS個体3羽の計24羽となりました。今後は捕獲方法も再度検討し、来年度の捕獲に備えたいと思います。

  



      ユルバルカスの営巣地の一つ


ユルバルカスはコアジサシにとって重要な地域ですが、釣り人やレジャーを楽しむ人たちがコロニーに立ち入ることもあります。そのため、地域住民に理解を求めるために、看板の設置を行いました。

 





バナースペース

公益財団法人 日本鳥類保護連盟
Japanese Society for Preservation of Birds

〒166-0012
東京都杉並区和田3-54-5
第10田中ビル 3階

TEL 03-5378-5691
FAX 03-5378-5693

3rd floor, the 10th Tanaka Bldg,
54-5, Wada, 3-chome, Suginami-ku, Tokyo #166-0012,
Japan

アクセス/Map