本文へスキップ

公益財団法人 日本鳥類保護連盟は野鳥をはじめとする野生生物の保護と普及啓発を目的とする団体です。

― Today Birds, Tomorrow Man ―

愛鳥週間用ポスター原画コンクール 


愛鳥週間用ポスター原画コンクール 募集について

 このコンクールは、全国の小・中・高校の児童・生徒を対象に、愛鳥週間用ポスターの原画を募集(毎年6万点を超える作品)し、その制作過程を通じて野性鳥類についての保護思想を高めるとともに、愛鳥週間(毎年5月10日〜16日)の普及啓発に努めることが目的です。
 平成2年度からは日本鳥類保護連盟総裁賞が設けられ、総裁賞に選ばれた作品により翌年の愛鳥週間用ポスターが制作されるようになりました。農林省・文部省(当時)により実施され、昭和43年度(1968年)から当連盟が募集に係わる業務を担当してきました。

●主催及び後援
主催:公益財団法人 日本鳥類保護連盟
後援:環境省・文部科学省・林野庁

●応募資格
小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、各種学校、高等専門学校等に在学中で、18歳以下の者。また、定時制高校に在学中で、19歳以下の者。なお、愛鳥モデル校や環境教育指定校など特定の学校に限りません。大学、美術専門学校は対象外です。

●締切期限
 
締切期限は都道府県によりそれぞれが違っています。締切や送付先について、詳しくは各都道府県の担当課までお問い合わせください。なお、学校や個人から直接当連盟に送付されてきた作品については、受け付けておりませんのでご注意ください。ご不明な点ございましたら当連盟までお問い合わせください。
【応募の流れ】 学校 ⇒ 都道府県 ⇒ 日本鳥類保護連盟




愛鳥週間用ポスター原画の貸し出し企画

愛鳥週間用ポスター原画の貸し出しを行っています。
原画制作、制作指導にご利用ください。詳しくは以下をクリックしてください。

貸出概要
  貸出内容  申込書 pdf



平成30年度愛鳥週間用ポスター原画コンクール 審査


平成29年10月20日(金)、杉並区にあるセシオン杉並において、平成30年度愛鳥週間用ポスター原画コンクールの審査が行われました。

審査員: 日本理科美術協会、全国愛鳥教育研究会、環境省、文部科学省、林野庁、公益財団法人 日本鳥類保護連盟か
     らの専門家
受賞理由:○田んぼや湿地帯に飛来する無数の「マガン」や「オオヒシクイ」の様子は、市街地では、想像できない光景
      です。しかし、この様な人と自然が共存した環境が存在し、この環境を後世に引き継がなくてはならないと
      いうメッセージ性を感じる作品です。
     ○存在感あふれる構図・作風で遠近感に優れ、広大な田んぼや湿地帯に飛来するマガンやオオヒシクイの様子
      を魅力的に表現している作品です。
     ○渡り鳥の飛来する時期の季節感が色彩によりよく表現されており、実際に存在する光景が臨場感あふれる
      描写で描かれています。
     
審査の様子


審査結果について

平成29年10月20日(金)、審査会が行われ、受賞作品が決定いたしました。
総裁賞には、宮城県の輪島 佳南さん(中学3年生)の作品が選ばれました。
また、各賞につきましては、下の『受賞者および受賞作品一覧』をご覧下さい。
受賞された皆さま、おめでとうございます!


平成30年度 愛鳥週間用ポスター原画コンクール『総裁賞』
宮城県 大崎市立古川中学校3年
輪島 佳南さん




 矢印受賞者一覧 pdf

 矢印受賞者コメント pdf
   ☆総裁賞
   ☆環境大臣賞
   ☆文部科学大臣賞
   ☆林野庁長官賞
   ☆連盟会長賞
   ☆入選


【応募状況】
 応募総数:59,802点(小37,698点/中20,164点/高1,940点)
 参加校数:3,963校(小2,132校/中1,543校/高288校)
 今年度もたくさんのご応募ありがとうございました!!





バナースペース

公益財団法人 日本鳥類保護連盟
Japanese Society for Preservation of Birds

〒166-0012
東京都杉並区和田3-54-5
第10田中ビル 3階

TEL 03-5378-5691
FAX 03-5378-5693

3rd floor, the 10th Tanaka Bldg,
54-5, Wada, 3-chome, Suginami-ku, Tokyo #166-0012,
Japan

アクセス/Map