愛鳥週間(バードウィーク)とは?
愛鳥週間は、1894年(明治27年)アメリカ合衆国ペンシルバニア州オイルシティー市の教育長バブコック氏が、森林の保護者である小鳥を守ろうと、「バードデー」を考えたのが始まりです。その後、アメリカ全土に拡大し、毎年4月10日が「バードデー」となりました。日本では1947年(昭和22年)に鳥類保護の推進母体として日本鳥類保護連盟が結成された際に、国民の愛鳥思想を高めるため、毎年4月10日が「バードデー」と定められました。その後、この時期の北国では、まだ積雪が残ることから、1950年(昭和25年)に、5月10日から16日までの1週間を「愛鳥週間」と定めました。期間中、全国で野鳥保護にちなんだ行事が行われます。本文へスキップ

公益財団法人 日本鳥類保護連盟は野鳥をはじめとする野生生物の保護と普及啓発を目的とする団体です。

― Today Birds, Tomorrow Man ―

調査研究室 臨時職員募集!  

公益財団法人 日本鳥類保護連盟は、鳥類をはじめとする野生生物の保護を広く普及するとともに、その保護を推進し、生物多様性の保全に貢献することを目的としている団体です。昭和22年に設立され、昭和32年に農林省認可の財団法人に、平成26年に内閣総理大臣の移行認定通知を受けて公益財団法人になりました。主な業務としては、愛鳥週間全国野鳥保護のつどいや全国野生生物保護実績大会などによる普及啓発活動の推進、野性鳥類保護のための各種調査研究や国際協力事業を行っています。この度、当連盟で臨時職員を募集いたしますので、下記内容を参照いただき、ご応募のほどよろしくお願いいたします。


1 募集人員
   調査研究室 研究員  1名

2 雇用形態
   臨時職員

3 雇用期間
   2018年8月1日から2019年3月31日
   ※ 勤務内容によって、2019年4月以降、正規雇用への転換があります。
    週5日勤務(土日及び国民の休日、年末年始〈12/29-1/5〉は休業)
    勤務時間 9:30〜17:30(休憩時間1時間を含む)

4 業務内容
   (1)鳥類の現地調査及び取りまとめ
   (2)事務局内の基本的な事務全般

5 勤務地
    東京都杉並区内
    国内各地及び海外(主にアジア地域)に、鳥類調査のために出張することがあります。

6 雇用条件
   (1)給与:月給180,000円〜(年齢、能力、経験を勘案して決定します)
   (2)交通費:実費支給
   (3)保険等:社保完備
   (4)有給休暇:あり 

7 希望する条件(技能・資格等)
   (1)必要とされる技能
      ・野外で鳥類全般350種程度の識別ができる
      ・鳥類のルートセンサスや猛禽類の定点調査の経験がある
      ・ワード、エクセル、パワーポイントを使ってデータの集計、分析、報告書の作成ができる
   (2)備えていると望ましい要件
      ・英語で業務の議論や電話でのやり取りができる
      ・イラストレーターやGIFソフトが使える
      ・社会経験がある

8 応募方法
    2018年5月末必着で履歴書、職務経歴書、健康診断書、保有資格を記載された方は資格を証明するものの
    コピーのほか、個人情報の取扱いについて、書類を以下からダウンロードし、プリントアウトしたものに
    ご署名の上、下記までお送りください。応募多数の場合は、書類選考後、面接を行います。
    
    個人情報の取扱いに関する同意書はこちら>>

    送り先:〒166-0012
        東京都杉並区和田3-54-5 第10田中ビル3階
        公益財団法人 日本鳥類保護連盟 採用担当

    問い合わせ先:
        公益財団法人 日本鳥類保護連盟  藤井 幹、市田 淳子
        03-5378-5691  
        fujii☆jspb.org、ichida☆jspb.org(☆を@に変えて送信してください)