本文へスキップ

公益財団法人 日本鳥類保護連盟は野鳥をはじめとする野生生物の保護と普及啓発を目的とする団体です。

― Today Birds, Tomorrow Man ―

 虎ノ門ヒルズ森タワー



虎ノ門ヒルズは、道路と建物を一体的に整備する「立体道路制度」を活用することにより、屋上庭園「オーバル広場」や階段状のテラス「ステップガーデン」等、約6,000uの豊かな緑空間を生み出しています。


         ステップガーデン

在来種を主体とする草花や、樹林、水辺等の生物多様性に配慮して鳥や昆虫等が集う環境を創り出すことで、JHEP認証の最高ランク(AAA)を取得するとともに、訪れる人々には、四季折々の花木や草花を楽しめる都心のオアシスになっています。

虎ノ門ヒルズは、皇居から日比谷公園、愛宕山、芝公園へとつながる「南北の緑の軸」と、環状二号線に沿って形成される「東西の緑の軸」の交点に位置しており、「グリーンロードネットワーク」の基点として周辺エリアの生態系ネットワークの形成にも寄与しています。

また、豊かな緑空間を活用し、ワークショップやバードウォッチング等の様々なイベントを通して、一般の方々に広く都心の緑空間の大切さを知り、感じ、楽しんでいただく取り組みを続けており、今後も、都市の生態系を育む緑空間の意義を伝える活動を続けていきます。

 
   春のグリーンツアー&バードウォッチング            緑地で見られるヒヨドリ


ホームページはこちら>>
       
   







あなたは

人目の
訪問者です

バナースペース

公益財団法人 日本鳥類保護連盟
Japanese Society for Preservation of Birds

〒166-0012
東京都杉並区和田3-54-5
第10田中ビル 3階

TEL 03-5378-5691
FAX 03-5378-5693

3rd floor, the 10th Tanaka Bldg,
54-5, Wada, 3-chome, Suginami-ku, Tokyo #166-0012,
Japan

アクセス/Map