本文へスキップ

公益財団法人 日本鳥類保護連盟は野鳥をはじめとする野生生物の保護と普及啓発を目的とする団体です。

― Today Birds, Tomorrow Man ―

日本の野鳥カレンダー2017 作者のコメントPhotographers' Comments


作者の撮影コメントやエピソードを掲載しています。カレンダーの写真と一緒にお楽しみください!

表紙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:オオタカ  学名:Accipiter gentilis
英名:Northern Goshawk
撮影:石橋 孝継  撮影場所:北海道 長沼町
 猛禽が狩りに失敗した様子。遠くの防波堤沿いに舞い降りた。双眼鏡で覗くと、辺り一面野草が咲き美しい光景「何とか一枚シャッターを切りたい、しかし容易に近づくと飛ばれてしまう…。」幸運にもやや下に複道があり、気付かれずに近づくことが出来た。車のサンルーフを開け息を殺しながらレンズを向けた。

 



1月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:コミミズク  学名:Asio flammeus
英名:Short-eared Owl
撮影:野口 好博  撮影場所:大阪府 島本町
 関東のコミミズクポイントはどうしたことかもぬけの殻で、関西に勢ぞろいしていました。狭い河川敷の中に10羽ほどがいたらしく、テリトリーを守るための空中戦が何度も見られました。写真は土手に並んだ、人間たちを不思議そうな目で眺めながら飛ぶコミミズクです。



2月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:タンチョウ  学名:Grus japonensis  
英名:Red-crowned Crane
撮影:宮沢 安二郎  撮影場所:北海道 鶴居村
 タンチョウの塒入りと夕焼け、この魅力ある被写体を撮影したくて、数年通いました。きれいな夕焼けが見られるのは適度の雲と日没後のわずかな時間。今回は真っ赤に燃えた空にほどよい数のタンチョウがタイミングよく飛んできてくれました。期待以上の夕焼けに、寒さが冷え込んできたのにも気づかず、夢中にシャッターを押したものです。


3月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:アトリ  学名:Fringilla montifringilla  
英名:Brambling
撮影:野口 好博  撮影場所:東京都 府中市
 冬鳥でやってくるアトリが、咲きだした黄色いサンシュユの木の前にある辛夷(コブシ)の枝にとまってくれました。鮮やかなオレンジ色と黒い羽が目立つ雄に比べ、落ち着いたオレンジ色の羽衣をした雌は、一見地味な用ではありますが、同系色の花の前で、とても魅力的な鳥に見えてきました。


4月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:ミソサザイ  学名:Troglodytes troglodytes  
英名:Eurasian Wren
撮影:福島 千枝子  撮影場所:愛知県 設楽町
 目の前の岩の上に、突然澄み渡る歌声が響きます。10cm余りの小さな体からアピールするさえずりは渓谷に木霊し、羽を震わせながらの心を込めたプロポーズは、目線の先にいる、彼女の心を潤わせ、ほどなく一緒に岩陰に消えました。地味なこの子が華やかに感じられたひと時でした。こうして生命の糸を紡いでいくのです。


5月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:クロツグミ  学名:Turdus cardis
英名:Japanese Thrush
撮影:吉田 幸弘  撮影場所:北海道 苫小牧市
 5月下旬の苫小牧の森林。新緑の中からクロツグミの囀りが聞こえる。キョロイ、キョロイ、キョコ、キョコと朗らかに複雑に長く歌声を響かせる。この囀りは新緑にふさわしく「今年も渡ってきたな。」と出会いを感謝する。そんなクロツグミの囀りだ。


6月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:カワガラス  学名:Cinclus pallasii
英名:Brown Dipper
撮影:土橋 信夫  撮影場所:北海道 旭川市
 旭岳の帰りに、麓に有った旭川市源水公園でカワガラスに出会った。あまり人を恐れずに、盛んに餌を探していた。公園の方の話では、「毎年、オショロコマの稚魚を放流しているが、みんなカワガラスに食べられてしまう。」と言っていた。


7月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:アオサギ  学名:Ardea cinerea
英名:Grey Heron
撮影:矢田 和子  撮影場所:愛知県 愛西市
 毎年7月初旬になるとハスの花が綺麗に咲くので野鳥と一緒に撮りたくて出掛けています。当地のハスは濃いピンク色の小さめの花で可愛く咲いてくれます。ハスの花の向こうにアオサギが採餌していて時々スクッと首を伸ばし姿勢を正す姿がとても凛々しくてうっとりした気分で撮影していました。



8月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:バン  学名:Gallinula chloropus
英名:Common Moorhen
撮影:上戸 鉄雄  撮影場所:北海道 札幌市
 「何とかスイレンの花を」と思い、早朝より数日間通って撮影出来ました。スイレンの花が咲いている時間が短時間でしたので多くチャンスがなかった。それでも何とかゲット出来ました。



9月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:チュウジシギ  学名:Gallinago megala     
英名:Swinhoe's Snipe
撮影:岩本 多生  撮影場所:神奈川県 平塚市
 稲刈りの時期が近付くと、自転車で田んぼの畦道を1つ1つ覗きながらジシギ探索が恒例行事となっています。台風後の天気が不安定なある日、畔の奥にこの個体を発見。ミミズ採りに夢中になって近づいてくるのを辛抱強く待つこと2時間、近距離で伸びをする隙に外側尾羽を確認、チュウジシギと同定できました。


10月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:アリスイ  学名:Jynx torquilla   
英名:Eurasian Wryneck
撮影:今 勝憲  撮影場所:愛知県 名古屋市
 日本には冬鳥として飛来するアリスイ。見かける行動としては木にとまって長い舌を伸ばしてアリを捕食する姿などだが、時に地面に降りてアリを捕食する事もある。都市公園でそんなアリスイを見ていたら地面に降りて周りを見回していた。その行動カメラに納める事が出来た。アリスイに感謝。


11月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:マミチャジナイ  学名:Turdus obscurus
英名:Eyebrowed Thrush
撮影:上戸 鉄雄  撮影場所:北海道 札幌市
 数十年通っているフィールドでの撮影です。秋は、渡りの鳥達が草花の実に付き、秋色とのマッチングで色々狙っております。マミチャジナイは、この時期早々に渡っていきますが、昨年秋にまだニシキギの実を遅くまで食べていました。



12月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種名:キジバト  学名:Streptopelia orientalis
英名:Oriental Turtle Dove
撮影:野村 明  撮影場所:大阪府 大阪市
 ナンキンハゼの紅葉は一様に紅葉するのではなく、朱・黄・紫・緑の混じった複雑な色になり、曼荼羅(まんだら)的な背景となる。その中に白い実が星の様に点在する。地味なキジバトがその背景に入ると、突然に華やぐ。実を取ろうとバランスを崩すその動きが、背景の曼荼羅的な静寂を破って、キジバトの生きる姿を美しく映し出したかった。





バナースペース

公益財団法人 日本鳥類保護連盟
Japanese Society for Preservation of Birds

〒166-0012
東京都杉並区和田3-54-5
第10田中ビル 3階

TEL 03-5378-5691
FAX 03-5378-5693

3rd floor, the 10th Tanaka Bldg,
54-5, Wada, 3-chome, Suginami-ku, Tokyo #166-0012,
Japan

アクセス/Map