本文へスキップ

公益財団法人 日本鳥類保護連盟は野鳥をはじめとする野生生物の保護と普及啓発を目的とする団体です。

― Today Birds, Tomorrow Man ―

ツルを守ろう  

ツルの仲間たち


日本では美しい自然風景を表す言葉として、花鳥風月という言葉があるように、古来、鳥が人の心の中で深くかかわりを持ってきました。なかでもツルは、古事記や万葉集にも登場するほか、詩歌をはじめ絵画などの題材として取り上げられ、日本の文化にしっかり根付いている鳥です。ツルは今日では、昔ほど身近な鳥ではなくなりましたが、かつてのように、人とツルが仲良く暮らす日を取り戻そうとする努力が各地で行われています。
世界には15種のツルが知られていますが、国内には7種のツルが生息しています。冬鳥として大陸から渡って来るクロヅル、マナヅル、ナベヅル、カナダヅル、ソデグロヅル、アネハヅルと留鳥のタンチョウです。

ツルの仲間


ツルの主な生息地


タンチョウは釧路湿原などを中心に繁殖しており、北海道に約1,300羽が生息していると推定されています。その他のツルたちは冬鳥として大陸からおもに西日本各地に渡って来ます。その多くはナベヅルとマナヅルです。クロヅルはナベヅルとマナヅルの群れに混じって少数が渡って来ますが、その他のツルは希に渡ってくる鳥です。
鹿児島県出水地方は、ナベヅルとマナヅルの代表的な越冬地で、ナベヅルが約10,00羽から11,000羽、マナヅルが約1,900羽飛来しています。また、古くからナベヅルの渡来地である山口県周南市八代は、都市化などの理由で渡来数が年々減少し、今ではわずか十数羽です。
なお、高知県四万十市などでは、ナベヅルやマナヅルの安定した渡来地になるよう、餌場の確保や保全のための整備などを進めていますが、定着には至っていません。

マナヅル 出水のツル
マナヅル(鹿児島県出水市)        出水のツル


ツル保護の現状


ナベヅル、マナヅルとタンチョウは環境省レッドリストの「絶滅危惧U類」となっているほか、ナベヅル、マナヅルとソデグロヅルは「国際希少野生動植物種」に、タンチョウは「国内希少野生動植物種」にそれぞれ指定されています。また、ツルの主要な生息地である鹿児島県出水地方と山口県周南市八代は「鹿児島県のツルおよびその渡来地」、「八代のツルおよびその渡来地」として、また、タンチョウは種として特別天然記念物にそれぞれ指定されます。
なお、出水地方は、国指定出水・高尾野鳥獣保護区となっています。


問題点


鹿児島県出水地方では、大正時代からツルの保護のために飼料費が地元に交付され、さまざまなツルの保護活動が行われてきました。この結果、ツルの数が徐々に増え、昭和2年に約440羽、昭和14年に約3,900羽を記録しています。しか
し、戦争前後の混乱期には密猟も行われ、終戦後の昭和22年には275羽に減少しましたが、昭和42年に1,677羽、昭和62年に8,312羽、平成9年に10,469羽と増加しました。
今ではナベヅルが約10,000羽〜11,000羽、マナヅルが約3,000羽飛来していますが、この数は世界のナベヅルの約9割、マナヅルの約4割に相当すると考えられております。このような一極集中の結果、狭い場所で密集してねぐらをとっていますので、伝染病などが発生した場合、全体に蔓延する危険性が高まります。
平成22年〜平成23年の越冬期には、出水地方で死亡したマナヅルから高病原性鳥インフルエンザウイルスの確認事例が見つかったこともあり、早急に越冬地の分散化を図る必要があります。
また、釧路湿原などのタンチョウの生息地では、環境が悪化し、採餌地や繁殖地が消失し続けているほか、冬期には給餌地に集中するため、伝染病の心配も指摘されています。


地域の協力と国際協力


国内のツルの生息地では、ツルが厳しい冬を乗り越えるための給餌や地元の子供たちによる羽数調査をはじめ、専門家などによる監視や調査のほか、地道な活動が行われていますが、今後もツルの保護に関する地域の皆さんの協力が必要です。また、多くのツルは渡り鳥ですので、渡りのルートはもちろん、繁殖地や中継地などの生活も把握する必要がありますが、今では人工衛星を使ってツルの移動状況や繁殖地の環境を調べることもできるようになりました。
ツルを保護するには、国内のそれぞれの生息地でツルを守るだけでなく、ツルの生息地に暮らしている人々、研究者、NGO、地方公共団体や国とのネットワークを築くなど、国際協力に関する調査などに協力してまいりましたが、これからも様々な関係団体や国とも連携し、ツルの調査や保護及びその普及啓発に努力して行きたいと考えています。

以上のように、ツルを守る上で鹿児島県出水地方に過度に集中しているナベヅル、マナヅルの保護を進めることが大切でありますが、そのためには人とツルが共存する場所を広げていく必要があるため、サントリーホールディングス社のご後援により、パンフレット「ツルと暮らそう」を作成しました。広く皆さんにご利用いただくことを願い、ホームページに掲載しました。

鶴と暮らそう ← ここをクリック!

このパンフレットはサントリーホールディングス株式会社のご後援により作成いたしました。


バナースペース

公益財団法人 日本鳥類保護連盟
Japanese Society for Preservation of Birds

〒166-0012
東京都杉並区和田3-54-5
第10田中ビル 3階

TEL 03-5378-5691
FAX 03-5378-5693

3rd floor, the 10th Tanaka Bldg,
54-5, Wada, 3-chome, Suginami-ku, Tokyo #166-0012,
Japan

アクセス/Map