本文へスキップ

公益財団法人 日本鳥類保護連盟は野鳥をはじめとする野生生物の保護と普及啓発を目的とする団体です。

― Today Birds, Tomorrow Man ―

ワカケホンセイインコのページ

 Research of Rose-ringed Parakeet

          

ワカケホンセイインコとは

ワカケホンセイインコ♂♀
左:オス(首輪がある) 右:メス(首輪がない)
※若い個体はオスでも首輪がなく、メスでも首輪があるものもいる。

ワカケホンセイインコ(Psittacula krameri manillensis)は、ホンセイインコ(Psittacula krameri )の亜種で、
本来インド南部やスリランカに生息している緑色の鳥です。原産地では、主に低地の半砂漠から二次的な明るいジャングルにかけて生息していますが、標高1,600mのような標高の高い場所にも分布しているようです。日本には飼い鳥として持ち込まれたものが逃げ出したりして、1960年代に入ってから関東地方などで野生化し始めたと考えられています。今まで関東のほかにも名古屋や大阪、新潟等でも記録があります。東京都では大田区の東京工業大学構内のイチョウ並木にねぐらがあり、夕方になると1,000羽を超えるワカケホンセイインコが毎日集結します(2016年現在、ねぐらが移動しています)。ねぐらは1つなのか、生態系の中で本種がどのような位置づけで生活し、大きな影響 を及ぼしていないかなど、把握していかなければならないことがたくさんあります。また、原産国では農作物を荒らす害鳥として扱われているようですが、日本では害を及ぼしていないのでしょうか。ないとすれば、それはなぜでしょうか。それにより今後も害を及ぼす可能性がないかなども調べていかなくてはならないでしょう。


野生化しているインコの仲間

ワカケホンセイインコの他、オオホンセイインコ、ダルマインコ、アオボウシインコ、ムジボウシインコ、セキセイインコなど、1970年代前後のペットブームに合わせて多くの種の観察例がありますが、近年東工大のねぐらで生息が確認されているのはワカケホンセイインコとダルマインコ、ムジボウシインコで、繁殖が確認されているのはワカケホンセイインコとダルマインコです。


ダルマインコ・ワカケホンセイインコ  見分け方
左:ダルマインコ,右:ワカケホンセイインコ


分布調査

2009年までに、ワカケホンセイインコにカラーリングを装着しました。東京都、神奈川県、埼玉県などで生活しているワカケホンセイインコが、東工大をねぐらとしている確かな情報となりますので、足にカラーリングをつけたインコを見かけましたら、ご一報ください。捕獲では、ねぐらへの飛来ルートの一つ(ねぐらから離れた場所)にカスミ網を張って捕獲していましたが、現在、東工大のねぐらの位置が変わったこともあり、戻ってくるコースが変わってしまい捕獲ができなくなっています。また状況が改善されましたら捕獲を行っていきたいと思います。

カラーリングの装着 カラーリングの装着 カラーリングの装着
                             2009.4.20現在:36羽です。

発信機による追跡
相模原市と大和市に生息するワカケホンセイインコは、発信機を装着することで東工大をねぐらにしていることが確認されています。実に20数キロの距離を毎日通っているのです。東京、神奈川、埼玉に分布する多くの個体も、東工大をねぐらにしていると推測されます。

発信機の装着 発信機の装着

ワカケホンセイインコに関する情報を募集しています

ワカケホンセイインコは現在、東京都、神奈川県、埼玉県を行動圏にしているグループと、千葉県千葉市を中心としたグループ、群馬県前橋市を中心として分布するグループの3グループが知られています。東京都等を中心とするグループは1,000羽を超えるグループですが、ねぐら環境の変化もあり、主なねぐらであった東工大以外にも一時的にねぐらができていることが報告されています。このような変動期の分布情報は特に重要であり、今後のワカケホンセイインコの動向を把握していくうえでも多くの情報を蓄積していかなくてはなりません。どんな些細な情報でもかまいませんので、もし見かけられた方はご連絡のほどよろしくお願いいたします。

連絡先 (公財)日本鳥類保護連盟 調査研究室 担当:松永
Tel: 03-5378-5691  E-mail: research☆jspb.org(☆を@に変えて送信してください)


学会・研究誌発表

学会発表

【日本鳥学会2017年度大会】
平成29年9月15〜18日、筑波大学で開催された日本鳥学会2017年度大会で、「ワカケホンセイインコの食性の報告」という表題でポスター発表しました。
都市部でのワカケホンセイインコの一年間の食性について、調査し蓄積した情報と皆様から寄せられた情報を整理しました。これにより2月〜4月にかけては桜の花蜜への依存性が強いことが分かりました。また以前は見られなかった行動として低い位置にある餌を採餌するようになったこと、さらに今年に入ってカキ園の青いカキが採餌されるといった農業被害が起こるようになったこと等、少しずつ食性に変化が起こっているようです。今後も食性がどのように変化していくか調査し、それに伴う懸念事項を検討していきます。
今回の発表にあたり多くの方から情報をいただき心から感謝いたします。この場を借りまして厚く御礼申し上げます。また、今後も引き続き情報を募集しておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。


  
                       ↑クリックすると大きくなります

【日本鳥学会2010年度大会】
平成22年9月18〜20日、東邦大学の習志野キャンパスで開催された日本鳥学会2010年度大会で、「東京都周辺におけるワカケホンセイインコの分布と繁殖環境」という表題でポスター発表しました。
皆様からいただいた情報を始めとし、日本鳥類保護連盟で調査して得た情報、東京工業大学で集めた情報、そして、文献情報等を一つの分布にとりまとめました。これにより、ワカケホンセイインコが広くて深い森林を好まないこと、東側は逆に緑地がないことで分布が広がっていないことなどを示すことができました。繁殖環境では、25箇所42番の情報を色々な角度で整理し、グラフで示しました。それらのグラフから、繁殖場所も高木の占める割合が少ないこと、穴は水平以外にも上向きの穴を使っていることを報告しました。
これらの成果は、皆様から寄せられた貴重な情報があってこそのものです。今後ともご協力のほどよろしくお願い致します。

学会発表 学会発表ポスター
                       ↑クリックすると大きくなります

研究誌発表
 神奈川県周辺におけるワカケホンセイインコの繁殖環境について(BINOS vol.15)
 境川を通過するワカケホンセインコの個体数及び飛去時間の変動(BINOS vol.15)


イオン環境財団 この活動の一部は、公益財団法人 イオン環境財団からの助成で行いました。


情報提供のお願い


バナースペース

公益財団法人 日本鳥類保護連盟
Japanese Society for Preservation of Birds

〒166-0012
東京都杉並区和田3-54-5
第10田中ビル 3階

TEL 03-5378-5691
FAX 03-5378-5693

3rd floor, the 10th Tanaka Bldg,
54-5, Wada, 3-chome, Suginami-ku, Tokyo #166-0012,
Japan

アクセス/Map